アーティストプロフィール


  テノール歌手
  林 誠
 日伊声楽コンコルソシエナ大賞受賞の他、音楽コンクール、民音コンクール、マリア・カナロス(スペイン)コンクール等で入賞。関西歌劇劇団にてトゥリッドゥでデビュー。
その充実した活動に対して大阪文化祭賞、大阪府民劇場賞、音楽クリディッククラブ賞等受賞。
「ラ・ボエーム」のロドルフォで大阪文化祭賞を再び受賞、小澤征爾ボストン交響楽団の第九公演にソリストとして出演し声価を高めた。
 我が国を代表するテノール歌手として昭和57年度芸術選奨文部大臣賞を、昭和58年度大阪府民劇場賞を受賞した。
 1987年「道化師」のカニオと「カヴァレリア・ルスティカーナ」のトゥリッドゥの二役を一晩で演じ絶賛される。この間小澤征爾プロダクションオペラ「トスカ」「ホフマン物語」「スペードの女王」「サロメ」などを主演、文化庁移動芸術祭公演に参加する他、日生劇場モーツァルトシリーズ、藤原歌劇団、名古屋二期会等に客演。
 また、愛知県立芸術劇場開場記念公演では、ピーターグライムスを主演し新境地を拓き高い評価を与えられた。
 現在、大阪音楽大学教授。


※ プロフィールは2003年10月現在の情報です。


 


過去のイベント記録
2013年 - 2009年
2008年 - 2005年
2004年 - 2001年
2000年 - 1998年

このサイトについて

Presented by
ニシバタ楽器(株)