アーティストプロフィール


  ピアニスト
  安田 英主 
 1989年生まれ。宮崎県宮崎市出身。3歳よりヤマハ音楽教室にてピアノを学び、ヤマハマスタークラス(東京)へと進む。桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)より、桐朋学園ソリスト・ディプロマコースに入学。その間、18歳にてパリ国立高等学校音楽院(コンセルヴァトワール)に、審査員満場一致の主席合格を果たす。ジャック・ルヴィエ、青柳晋、松村英臣の各氏に師事。現在、パリ在住.。

2001年「オーヴェル・シュル・オワーズ国際音楽祭(フランス)」に出演。2002年「第6回ウラジミール・クライネフ青少年国際ピアノコンクール(ウクライナ)」ジュニア部門にてグランプリ受賞、およびクラシック作品最優秀賞受賞。合わせて、キエフ大ホール(ウクライナ)、モスクワ音楽院大ホール(ロシア)でのガラ・コンサートに出演。オーチャードホール(東京渋谷)にて「ユニセフチャリティーコンサート」に出演。
 2003年 宮崎県学生栄誉賞受賞、宮崎市教育文化スポーツ賞受賞。英国王立音楽院、デュークスホール(イギリス)にて「ヤマハマスタークラスコンサート」に出演。2004年 音楽広場ミニヨン(大阪)にて「安田英主ピアノコンサートを」を開催。「第9回エトリンゲン国際青少年コンクール(ドイツ)」カテゴリーB(20歳以下)に最年少(14歳)で参加し、第3位受賞。2006年 東京めぐろパーシモンホール、音楽広場ミニヨン(大阪)にて、「安田英主のピアノリサイタル」を開催。2007年 第12回浜松国際ピアノアカデミーに参加、「ピアノアカデミーコンクール」にて第4位受賞。「第1回横浜ピアノコンクール」にて、優秀賞、三宅ファミリー賞、ヤマハ賞、同年8月には同コンクール主催のガラ・コンサートに出演(横浜山手ゲーテ座)。2008年 桐朋学園音楽部主催、「平成19年度高校卒業演奏会」に出演(東京紀尾井ホール)、満場の喝采を得る。新富町文化会館大ホール、宮崎オルブライトホールにて、「安田英主ピアノリサイタル」を同年8月に別々のプログラムで開催、この時の生録音をCDとして発売する。

2009年 パリ日本文化会館(フランス)において、パリ日本文化協会主催、「日本の音楽の若き才能コンサート」に、推薦され出演。2010年 大阪いずみホールにて、ミロスウアフ・ブウァシュチック指揮ポーランド・シレジア・フィルハーモニー管弦楽団と共演。3月奈良桶田会場、7月東京すみだトリフォニーホール、8月大阪音楽広場ミニヨンにて「安田ピアノリサイタル」を開催。2011年、東日本大震災に伴い、4月開催の日仏文化協会主催「音楽留学生チャリティーコンサート」に出演依頼を受け出演。(日仏文化協会汐留ホール)11月オーストリアを代表するトップアンサンブル「ザルツブルガー・ゾリステン」と共演、自作曲(Elegy〜for piano quartet〜)を含むプログラムで「安田英主とザルツブルガー・ゾリステンによる室内楽の夕べ」を開催。(東京・文京シビックホール)またこの自作曲の楽譜を一般販売用として出版する。12月クリスマス・イヴに津田ホール(東京)にて「安田ピアノリサイタル」を開催。この年の生録音を2枚目のCDとして2012年8月に発売。2012年、8月東京FMホール(東京)にて「安田英主ピアノリサイタル」を開催この時の生録音を3枚目のCDとして2013年5月に発売。10月横浜山手ゲーテ座(神奈川)にて「安田英主ピアノリサイタル」を開催。トークを交える初の試みに公表を得る。2013年、5月3枚目のCD発売記念プロモーションとしてタワーレコード渋谷店(東京)にてミニライ&サイン会を開催。6月渋谷区文化総合センター大和田(東京)にて、ショパンコンクール公式オーケストラであるワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団のトップメンバーで構成された〈ワルシャワ・ストリング・カルテット〉との共演となる「安田英主とワルシャワ・ストリング・カルテットによる室内楽の夕べ」を開催。

※ プロフィールは2013年11月現在の情報です。


 


過去のイベント記録
2013年 - 2009年
2008年 - 2005年
2004年 - 2001年
2000年 - 1998年

このサイトについて

Presented by
ニシバタ楽器(株)